お住まいが古びてきてしまう原因と理由

温暖な日本であっても屋外の環境は想像以上に過酷

屋外の環境というのは想像以上に過酷です。夏の日中の暑さは誰しも経験したことがあると思います。冬の明け方の寒さは…早起きをしている人にはお馴染みでしょう。そして紫外線です。お肌の大敵です。それだけでなく外壁材や屋根材にとっても大敵です。色褪せやチョーキングの主な原因は紫外線です。さらに雨です。水分も建材にとって好ましくないものです。加えて風。強風時、砂埃が屋根や外壁を容赦なく叩きます。また物が飛んできてお住まいのどこかに当たる可能性もあります。

埋め立て工場地帯その上、排気ガス等、大気を汚染する化学物質… 加えて、酸性雨が降る地域もあります。私たちは日が強ければ日陰へ、暑ければ冷房された室内へ、寒ければ暖かい室内へ移動することができますが、お住まいは固定されています。自由に移動できないのです(稀に移築される方もいらっしゃいますが)。

暑さや寒さだけでも大変なのに、現実では雨、風が複合して襲ってきます。台風が来れば暴風雨です。大気汚染が酷い地域では雨や風に化学物質が混ざります。

1年365日、それを何年も続けて寒暖・風雨・日光・化学物質を受けるや屋根や外壁が傷まないハズはありません。だから、塗り替えで保護してあげなければならないのです。定期的な塗り替えはお住まいの屋根や外壁の堅牢性を保つことになり、雨水の屋内への浸入を防ぎます。雨水の屋内への浸入は梁や柱、内壁を腐らせることになり、お住まいに深刻なダメージを与えてしまうので、絶対に避けなければなりません。
外壁や屋根の塗り替えは費用が高くなかなか工事を行おうとという気持ちになりにくいのですが、上記でも書いたように最悪の場合はお家の腐敗が進み住めなくなってしまう環境になってしまう可能性もあります。
塗装を行うかどうか考える前に一度点検を行ってもらうことがお勧めです。
横浜外壁塗装工房では外壁の点検、劣化調査、塗装のご相談全て無料で承っております。
塗装を行うかは決めていないけど、現在の我が家の外壁の劣化具合が気になるといった方はまずは無料点検を行ってみてはいかがでしょうか。